タペストリーとは|ディプリーズ

ディプリーズでは、各種大判ポスター印刷を激安価格にてご提供しております。イベント用のポスターをはじめ、写真のポスターやアニメなどの同人ポスター、学会発表用のポスター等など用途は色々です。また、データ作成の苦手な方にはデジカメの写真から作成する「おまかせ写真ポスター印刷」もご用意しております。お子様の写真や思い出の写真を大きなポスターにしてみませんか。もちろん全て1枚からご注文を承ります。その他、タペストリー印刷やラミネート加工、パネル加工等など全て激安価格でご提供しております。皆様のご利用をお待ちしております。

営業品目:大判ポスター印刷(写真ポスター、同人ポスター、学会ポスター)、タペストリー、ラミネート加工、パネル加工

タペストリーとは

タペストリーをご存知でしょうか?

タペストリーとは、麻やウール、絹などを用いて絵や模様を織り出した綴織りのことをいいます。壁掛けなど、部屋に飾る装飾品として使用されています。

そんなタペストリーには、古い歴史がありますのでご紹介します。

●タペストリーの歴史

  • タペストリーの起源

    タペストリーの起源はとても古く、現存する最も古いタペストリーは紀元前1400年頃の王ファラオ、トトメスの墓から発見されたものとされています。麻でできた鮮やかな綴織りであるため、当時でも大変高価なものであったことが分かります。そして、紀元前3世紀頃の古代ギリシア風のタペストリーも発見され、東西交易に利用されていたと考えられています。

  • タペストリーの広がり

    タペストリーは、主にヨーロッパで作成されていました。14世紀初頭には、ドイツやスイスなどで盛んに作成されるようになり、そして次第にフランスやオランダ、ベルギーなどにも広がりを見せていくのです。

    フランスのアラスという都市は織物で栄え、アラスで作成された上質なタペストリーはヨーロッパ中の城や宮殿から人気がありました。その後、さらに生産技術の発展によって最盛期を迎えることとなり、多くの人から親しまれるようになったのです。

  • 現在のタペストリー

    現在では、タペストリーといえば壁掛けというイメージが強く、壁に掛ける印刷物のこともタペストリーと呼んでいます。飲食店などの壁や、室内のちょっとした飾りとして、宣伝広告用に印刷されたタペストリーが使用されています。

    好みの写真などを使用して作ることが出来るようになり、記念品や広告用のアイテムとして欠かせないものとなっています。

当社では、破れにくいマット合成紙に印刷をした簡易型のタペストリーをご用意しております。タペストリーの制作をお考えなら、当社をご利用ください。オリジナルのタペストリーを作成することが可能です。たて長タイプやよこ長タイプと、お好きなタイプのタペストリーをお選びいただくことができます。

お手頃な激安価格にて、ご提供いたしており、お気に入りのデジカメ写真やイラストのデータからも作成可能ですので、記念品としてもいかがでしょうか。
フレームカラーは白、黒の二色から選ぶことができます。他にも様々なポスター印刷をご提供しております。サイズや印刷に関することなど、お気軽にご相談ください。






ポスター印刷が激安!ディプリーズ のトップページへ 

    ディプリーズ発!  少しはお役にたちそうな? 『○得!豆知識』
ポスター作りの
ポイント
 ポスター内容を
伝えるデザインとは
 ポスターが
見やすくなる色使い
 ポスター印刷の
注意点
 タペストリーとは
 大判出力について  大判出力の
活用シーン
 デジカメの魅力  デジカメ撮影後の
楽しみ方
 タペストリーの
活用方法

大判ポスター印刷なら【ディプリーズ】

1枚でもお気軽にご注文ください。
思い出の写真ポスタータペストリーにしませんか?
高画質印刷1枚でも激安価格!複数枚はさらに割引あり!
オリジナルデータはもちろんデジカメプリントもおまかせください!
お子さまの記念写真やかわいいペットの写真で大判ポスターを作りましょう。